現時点ではまだChia Project公式の(プロトコルをサポートした)プールはありませんが、開発が順調に進めば今後公式のプールが使えるようになるはずです。問題は、今までプロットしたファイルが公式プールでは使えないということ。苦労して耕した畑が無駄になるのは納得できないですよね。

そこで、今後は公式プールと非公式プールの両方を使っていく方法を考えました。

公式プール用に新しく秘密鍵を作り直す

今まで使っていた鍵とは別に、新しく秘密鍵を作ります。今後は新しい秘密鍵をメインに使い、公式プールでのファーミング、新規プロッティングを行います。もちろん今あるウォレットの残高も新しいウォレットに移動させます。

今までのPlotファイルは非公式プールに投げ込む

いろいろと危険性も指摘してきましたが、リスクが限定的であるならば、使うのはアリかなと思います。XCHの保管は新しいウォレットで、古い秘密鍵は古いPlotファイルのファーミング専用に、という形です。

たとえばドライブ D: は非公式プール用のPlotファイルを入れておき、ドライブ E: は公式プール用のPlotファイル置き場&新規プロッティングの出力先としてすれば、両ドライブとも報酬が得られるはずです。

古いPlotファイルは徐々に公式に入れ替える

HDDの容量がたくさん余っているのならそのままでもいいかもしれませんが、そのうち空き容量が無くなってくると思います。なので古いPlotファイルを少し削除し、新しいPlotファイルに置き換えていく作業を繰り返してゆき、最終的には全て新しいPlotファイルに置き換えます。全て置き換えが完了すれば、もう非公式プールは必要ありません。

新しいPlotファイルはプールもソロも両対応なので、今後プールを切り替えることになっても作り直しの必要がなくなります。それにしてもプールの必要性はわかっていたはずなのに、Chia Projectはどうしてこんな設計でスタートしちゃったんですかね。(ってか秘密鍵の所有者なんだから署名し直すとか方法ありそうなんだけどなんでだめなんかな??)

新たにPlotファイルを作り直すことになるので、寿命を消耗するSSDは使わずに、HDDでゆっくりと置き換えていくのがいいと思います。とはいえ公式プールが登場したら、非公式プールが消えるのは時間の問題でしょうから、なかなか悩ましい問題です。uupoolも告知の翌日に止めるという短さでしたから、最大手のhpoolも突然止まるかもしれない…というリスクも頭に入れておかないと、ある日突然路頭に迷うことになりそうです。

もしかしたら新しいプロトコルのサポートとともに、古いプロトコルを切り捨てるかもしれません(uupoolのように)。むしろその可能性がすごく高いような気がしてます。いや、絶対そうするよな…。プールの運営者にメリット無いもんな…。ほんと悩ましい問題です。😭

LINEで送る
Pocket