先日作成した「ラズパイと人感センサーで高齢者見守りシステムを作る」で取得したデータを可視化してみました。本当はグラフとかで綺麗に表示できるといいんですけど、そこまで分析が必要なものでもなく、閾値を超えたか否かで判断するだけで十分だと思ったのでそのまま数字を表示するようにしました。けっして面倒だったとかではな…

縦軸は日付、横軸は時間。平均と比べて多ければ赤、少なければ青、同じなら黄、平均の値自体が小さいものは薄緑としています。

データ抜けがあるとグレー表示になるので、検知回数が0回なのか設置先のモバイルルーターやラズパイが止まったのか判断できます。今のところFREETELのモバイルルーター AREA2は止まることなく正常に連続稼働してます。

これとは別に、一定時間検知回数が0回だった場合、メールでアラートを飛ばすようにもなってます。ちょっと人の生活を覗いているみたいで後ろめたさも残るのですが、数ヶ月後に一部白骨化した状態で発見された…とかなるよりはマシですからね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク